傾聴力HP

傾聴・カウンセリングの役立つ情報をお届けします

傾聴力HP|傾聴・カウンセリングの力をつける

笑顔で話を聴いている女性カウンセラーこのサイトでは

  • 傾聴の知識・ポイント
  • 傾聴スキルの身に付け方
  • カウンセリング、
    コミュニケーションの役立つ情報

を紹介しています。

このような問題でお困りの方

  • 人と会話するとき、人前で話すときに緊張しやすい。
  • 人と関わると、ストレスを感じやすい。
  • 人の気持ちを読むのが得意ではない。
  • 人の輪に入りたい or 関係を深めたい人がいるがどんな会話をしていいかわからない。
  • 悩み事を相談されることが多いが、どんな聴き方が効果的なのか知りたい。
  • 聴く力、人と関わる力をつけたい、コミュニケーション力を上げたい。
  • カウンセラーとして、傾聴力を身に付けたい・磨きたい。

傾聴とはどんな聴き方?

「聴き手が、ただ黙って話を聴くこと」とは少し違います。

  • 相手の方の話を、「出来るだけ理解しながら聴くこと。」
  • 相手の方の話を、「相手の方が思ったこと、感じたこととして受け止めながら聴くこと。」
  • 相手の方の気持ちを察しながら話を聴くこと。
  • 相手の方と、良い関係を築きたいと思って話を聴くこと。
  • 相手の方が、「話したい」と思っていることを聴くこと。

以上のことが、実際に聴き手の行動として形になって現れ、それが相手の方に伝わり、相手の方に

  • 「もっと話したい」
  • 「話して気持ちが楽になった、スッキリした」
  • 「自分が話しただけだが解決策や方向性が見つかった」

と思ってもらえるのが傾聴力です。

傾聴は、アメリカの心理学者「カール・ロジャーズ」が提唱し、今や世界中の心理カウンセラーが使っている話の聴き方です。詳細は↓の記事をどうぞ。

傾聴をボードを持って紹介する女性の写真

1分でわかる「傾聴とは」その意味と目的

このページでは 傾聴の意味と目的 具体的にどういった聴き方なのか についてわかりやすく紹介します。 ズバリ 傾聴とは 傾聴というと、まれに「何も言わずにじっと話を聞くだけでしょ。」 ...

続きを見る

具体的な聴き方については↓をご参照下さい。

話しやすい雰囲気で相談者にかかわっているカウンセラーの写真

傾聴技法一覧ページ

傾聴のシチュエーション 傾聴する場面は様々だと思います。日常での家族や身近な人とのかかわり、仕事でのお客様や上司・部下・同僚とのやり取り、相談事を受けたときなど・・・。 このサイト ...

続きを見る

「聴かない」ことで起こるデメリット

日々生活していて人の話を聞かない日は無いと言ってもいいくらいです。

挨拶に始まり、情報の連絡からその日に起こった出来事などなど、聞くことは仕事や家庭生活などで一生涯欠かせないコミュニケーションです。

実際に「聴いていない」ことで起こったことを紹介します。

10代後半の女性で、「痩せたい」と思っている人が、一緒に暮らしている母に

豚肉のももを買ってきて」

と伝えました。しかし買ってきたのが「豚肉のバラ」でした。(バラはももに比べて脂肪量、カロリーが約2倍高い)

こんなとき、痩せたいと思っている人は、どう感じるでしょうか?

こういう状況になると、「痩せたい」自分の思いをわかってもらっていないと感じざるを得ないのではないでしょうか。

ちゃんと聞いていないということは、話した人にとっては、「自分のことを理解してもらえてない」と感じられます。自分にとって大切な人であればある程、「自分のことをわかってもらえてない」と感じられるのはとても悲しいことだと思いますし、わかってもらえていないと信頼関係も何もありません。

傾聴力を身に付けるメリット

傾聴に興味をお持ちの方は、人と良い関係を築きたい、人の支援をしたい、何かを押し付けるのではなく相手の自発性を大切にしたいというやさしい方が多いです。

「傾聴力」はあなたの身近な人を元気にするためのものでもありますが、傾聴力を身に付けることは、実は聴き手が様々な聴き方が出来るようになることでもあります。以下のようなメリットがあります。

  • あまり緊張せず、リラックスして人と関われるようになる。(=相手の方にもリラックスしてもらえる。)
  • 相手の方の気持ちを汲む力が上がり、良い関係を築けるようになる。
  • 質問力をつけ、状況を客観的に見れるようになることでストレスが減る。
  • 自分自身の感情を深いレベルで見る力が上がり、ストレスをマネジメントしていく力が上がる。

傾聴力を身に付けると、聴き手になぜ上記のような効果があるのか、そして傾聴することで、話し手にはどんな効果があるのか等、次以降のページで具体的に紹介しています。傾聴力は話し手にも、聴き手にも様々なメリットを生んでくれます。

人の根源的な欲求が満たされる「傾聴の効果」

傾聴には大きく分けて2つの効果があります。 効果1: 誰しも持っている承認欲求が満たされる 1つ目は的確に傾聴されることで話し手の、「自分のことをわかってもらいたい」という承認欲求 ...

続きを見る

傾聴トレーニングで得られる思いがけないメリット

傾聴トレーニングを積み、傾聴が出来るようになると、話し手にとってメリットがあるのはもちろんですが、実は聴き手自身にも思いがけないメリットがあります。 一般的には、傾聴力がアップする ...

続きを見る

傾聴カテゴリお勧め記事

無料傾聴EBook ジョイカウンセリングスクール式トレーニング

この傾聴EBook「カウンセリングに必要な傾聴力が身に付く7つの傾聴トレーニング法」では カウンセラーが作る話しやすさとは 「聴いてもらえている」を作る傾聴スキル 話を繰り返すこと ...

続きを見る

リラックスできる爽やかな森の風景

絶対に緊張しない方法7つ

緊張しすぎるのは困りものです。 初対面の人や、気になる異性と話すときに胸がどきどきしたり、呼吸が早くなってうまく話せなかったり、試験やプレゼンなどの大事な場面で緊張して本来の力が出 ...

続きを見る

傾聴トレーニングのコツ5つ

傾聴のトレーニングに取り組んで私が一番おもしろかったところは、正直に言うと、身近な人との関係が良くなったという点ではありません。 では、どんなところが一番おもしろかったのかというと ...

続きを見る

傾聴まとめページを見る

カウンセリングカテゴリお勧め記事

カウンセリングスキル・心理学を使い、「生きやすさ」を手に入れるための具体的な方法を解説しています。

緊張する理由を考える女性の写真

緊張する理由と、2つの対応法

プレゼンの前や大切な人・初対面の人と会うとき、人はとても緊張しやすいです。 特に人前で話すときに緊張感が出る人は多いです。 適度な緊張ならよいのですが、過度に緊張すると、相手にもそ ...

続きを見る

自己肯定感が低い理由と決定的に高める7つの方法

人からの評価が気になって自分の思うように振る舞えなかったり、 気がつけば「自分の思い」よりも「他人がどう思うか」に重点を置き過ぎていたり、 我慢しなければ、頼ったらいけない、わがま ...

続きを見る

感情の起伏が激しいときの対策7つ

ひどく落ち込んだり、逆にハイな気分になったり感情の起伏が激しいと、とても疲れます。 気持ちが強くマイナスになっている時も、ハイテンションになっているときも多くのエネルギーを使うため ...

続きを見る

カウンセリング記事一覧を見る

記事一覧を見る

投稿日:2016年2月9日 更新日: