傾聴スカイプ通信トレーニング

傾聴スカイプ通信トレーニング

「 的確に気持ちを汲む力 」が身に付く

「 問題解決のための質問力 」が身に付く

プロの心理カウンセラーとのマンツーマントレーニングで、効率的に最短で傾聴力を身に付けられる

感情をみる力が上がることで、自分のストレスを強くマネジメント出来る力が身に付く

トレーニングスタート時間は朝6時から夜20時まで選択可能。時間を有効利用してスキルアップ出来る

このような点でお困りの方

  • 相談を受けても、あまり役に立てていない気がする。
  • キャリアカウンセラー・産業カウンセラーの資格取得を目指しているが、もっとトレーニングしたい。
  • 会話で何を聞いたらいいかわからず、沈黙の時間が怖い。
  • 看護・介護などの人を支援する仕事をしているが、もっと会話で楽になってもらえるスキルを身に付けたい。

傾聴スカイプ通信トレーニングとは?

インターネットを介した無料電話(ビデオ通話)を使った傾聴トレーニングです。自宅にいながらスカイプを使い、トレーニングができます。スカイプ同士では通話料が一切かかりません。またスカイプ導入に関わる費用はヘッドセット(ヘッドフォンとマイク)、ウェブカメラ(マイク付きのウェブカメラも多いです)だけです。導入はとても簡単です。

スカイプダウンロード&使い方ページはこちら

傾聴力を身に付ける6つのメリット

私自身、カウンセラーになりたいという思いから傾聴スキルを身につけてきましたが、そのもう一歩奥の気持ちを見てみると、「周りの人のため」というよりは、「自分自身のこれからのため」という気持ちがありました。

今の自分自身をなんとかしたい、人に安心感を与えられる人になりたい、カウンセラーになりたいという思いから傾聴力を身につけました。自分自身の体験から、傾聴力が身に付くと、その前よりも人との関係をグンと楽に、ストレスも少なく過ごせる一生役に立つスキルだと実感しています。

具体的には次の6つのメリットがありました。

コミュニケーションのすれ違いがなくなる


特に仕事でのコミュニケーションのすれ違いは、多大な時間と費用のロスを生みます。人とのコミュニケーションのすれ違いは、信頼を無くします。

傾聴は、この「すれ違い」を生まない話の聴き方です。

緊張しやすい人が、リラックスして人と関われるようになる(相手の方にもリラックスしてもらえる)

緊張しすぎずに人と関われる
人と関わるときに緊張感が強いと、人と接していてとても疲れやすくなります。また、自分が本来持っている力も発揮しにくくなります。自分の緊張感は相手にも移りやすいもの。

傾聴スカイプ通信トレーニングは、この緊張に対してどう取り組んでいけばいいのかを掴んで頂けます。人と接することがグンと楽になります。

相手の方の気持ちを汲む力が上がり、良い関係を築けるようになる

気持ちを汲む力が上がるということは、身近な人から「自分のことを深くわかってもらっている」と思ってもらえるということ。他の誰かとは違う、相手の方にとってかけがえの無い存在になれ、相手からの信頼感が深まります。

気持ちを汲む力を上げることで、お子さん、恋人や家族、職場の部下や上司やお客さんなどから、「この人にはわかってもらえている」という信頼関係を作っていくことができます。

トレーニングでは、具体的にどうやったら目に見えない気持ちを適切に汲んでいくことができるのかをお伝えします。

自分自身の感情を深いレベルで見る力が上がり、ストレスをマネジメントしていく力が上がる

「相手の方の気持ちを汲む力」が上がるということは、「自分自身の感情をしっかりと見ていく力」が上がるということでもあります。

普段暮らしていると、腹が立っても我慢しないと、言いたいことがあっても抑えないと仕事や家庭がまわらいことがあります。苦しさやつらさやマイナスの感情は感じるとつらいものでもありますので、無意識のうちに押さえ込みやすいもの。

しかし押さえ込みが強いと、自分自身が今どのくらいストレスを感じているのかを掴みづらくなります。結果、気持ちが安定しなくなって眠れなくなったり、イライラしやすくなります。

感情を見る力が上がるということは、これらの気持ちを「マネジメントしていく力」が上がるということ。傾聴力は相手のストレスを減らすだけでなく、聴き手自身のストレスを減らしてくれるスキルです。

質問力をつけ、状況を客観的に見れるようになることでストレスが減る。コミュニケーションが楽になる

相手の方が「本当に何を求めているのか?」を知るためには、適切に質問していくことが欠かせません。カウンセラーやコーチングなどの相談業で必要とされる質問テクニックは、接客業の方にも応用がききます。

質問力が身につくことは、相手の方や自分自身の状況を客観的に見れる力がつくということでもあります。視野が広くなることで、問題と思っていたことがそう でもないことに気付けたり、別の角度から自分を見れることで状況や感情が整理できます。結果として自分自身や相手のストレスを減らしていく効果がありま す。

「相手の会話を広げる、掘り下げる」質問のテクニックが身につくことで、コミュニケーションも楽になります。

身近な人のメンタル面のケア、より力を発揮できるようサポートしていくことが出来る

もしあなたの身近な人の心が弱っているとき、ストレスを感じているとき、サポートを必要としているときに傾聴技法を使っていくことで、相手の方が「自分で回復していく力」を支援していくことができます。 

傾聴力のポイントは、聴き手が話し手にお世話するのではなく、相手の方のお話を聴くことで、「話し手が自分自身で気付く力、自分で答えを見つける力」を導けるというところです。

お子さんや部下の方などには指示が必要なときもありますが、傾聴技法は相手の方の自発性、自立性をとても大切にしているスキルです。

押し付けられたり、強制されて力を出すのではなく、傾聴技法を使っていくことで、その人が本来持っている力を発揮していくサポートが出来る。それが傾聴力の特徴です。

※すでに傾聴を学んでおられて、傾聴スキルのブラッシュアップをご希望の方には、60分6800円(税込)で傾聴スカイプトレーニングを実施しております。傾聴スカイプトレーニング60分申込フォームよりお申込み下さい。

トレーニングが12回の理由

聴く力をつけるのに、12回(3ヶ月)もトレーニングは必要ないんじゃないの?コミュニケーションの講座に数回出たら大丈夫なんじゃないの?と思われるかもしれません。

ストレートにお伝えしますと、参加者15人程度のコミュニケーション講座に数回出ただけでは、聴くコミュニケーション技術を上げていくのは難しいです。

なぜかというと、コミュニケーションのとり方、方法は今までの経験や生い立ちで築いてきたものでもあります。今までずっとやってきたことは、身体に馴染んでいること。ですので2、3回のトレーニングで新しいコミュニケーション法は、なかなか馴染みません。

傾聴トレーニングに取り組むと「自分自身のコミュニケーションのクセ」が見えてくることが非常に多いです。

会話するとき、人と関わるときに 「緊張」 しがちだったり、相手の話を受け止めるのではなく、自分の価値観が強く出すぎたり、人との距離を縮めるのが得意でなかったり、「質問すること」や、「相手の本当の感情を汲む」のが得意でなかったり、それぞれです。

傾聴技法を身に付けるときには、理論と実践の繰り返しです。頭で理解していることと、実際に行うことを一致させていくことは、どうしてもある程度の時間がかかります。

傾聴スカイプ通信トレーニングは、参加者の方のコミュニケーションの傾向を掴み、最短でスキルを身につけて頂くために、同時受講最大4人までのトレーニングにさせて頂いております。

トレーニング内容

トレーニングでは、信頼関係を築くため、相談を受けた際に相手の人の心が楽になるための話しの聴き方(傾聴技法)のレクチャーをまず行います。そして約3分から15分の傾聴ロールプレイ(基本的に相談事を受けたときのロールプレイ)を行います。そのロールプレイに対して、プラスするとより良くなる点を明確にお伝えしていきます。

また、トレーニング以外の普段の生活で、どういったところに気をつければ傾聴力が身につきやすいかの、課題となるポイントもお伝えします。

規定のカリキュラムは用意しておりますが、参加者の方の状態、目的に合わせてその方にとってベストなトレーニングを作っていきます。

カリキュラム

1 【信頼関係を築くためのかかわり方】何でも話せるために必要なポイント「受容的な態度とオウム返し」
2 【本当の気持ちを掴む聴き方】適切に共感するために必要な事
3 【お互いに俯瞰するための質問の仕方】相手が話したい事を聴き、深めるためのオープンクエスチョン
4 【目に見えない気持ちを的確に汲んでいく方法 Part2】気持ちを汲んだオウム返し
5 【相手の心が整理される聴き方】要約の効果とポイント
6~12 実践トレーニング

全12カリキュラム(1カリキュラム60分)※プログラムは状況により変更の可能性あり

トレーナー

井上 隆裕(ジョイカウンセリングスクール 代表)

傾聴力HP著者。

  • 心理カウンセラー
  • 傾聴トレーナー
  • 国際メンターシップ協会エグゼクティブメンター

2003年より民間の心理カウンセラー養成スクールにて傾聴の指導を開始。1100時間以上の傾聴ロールプレイを見て改善点をアドバイスし、約200人の認定心理カウンセラー(信頼関係を築けるレベルの傾聴が出来るカウンセラー)養成に携わる。

実績

厚生労働省所管 独立行政法人雇用能力開発機構 緊急人材育成支援事業 基金訓練実践演習コースにて、コミュニケーション部門の講座を担当。求職者に対して、コミュニケーションや、ストレスケアなどについての講座を行う。

第一ゼミ予備校大阪府の岸和田校、寝屋川校、和歌山校3校にて、ワークショップや会話を通して生徒の不安やプレッシャーをクリアにし、自分で考え自分で決めていく「自立」を目的としたメンタリングを実施。

大阪府のテクノホルティ園芸専門学校において、「将来目標設定」、「コミュニケーション」、「自己探求」をテーマに授業を行う。

トレーニングを受けられた方の声

池上純子さん

傾聴と得意のイラストをミックスして、プロとして活動しておられます。
運営URL:http://ameblo.jp/zxa04154/

傾聴スカイプトレーニングを受講しました。トレーニング前は、傾聴のスキルアップの冊子をダウンロードして一度読んだのですが、やはり受容的な態度、うなずき、あいづちの大切さ、質問の方法などを文章で読んである程度理解したつもりでも、実際に自分がどれだけ実践できているがが不安でした。

週1回のスカイプ講座では、まず基本的な知識を教えていただき、そのあと実際に先生を相手に実践トレーニングを行い、最初は本当に緊張しましたが、10分~15分の実践の後に先生からの「ここはこうしたほうが良い」というご指導が入ったため、とても分かりやすく、それを踏まえてまた短いトレーニングを行うという形で学びを吸収しやすかったです。

そして毎回「今回は受容的な態度を徹底する」「オープンクエスチョンを使っていく」などの目標を決めて実践し、フィードバックを頂き、次回までに日常生活の中で実践を積んでみる。という非常に実践しやすい内容でした。先生から「今回、ここが良くなった」という良い評価を毎回くださったことも、とても励みになりました。

傾聴の心構えと具体的な技術を学ぶことによって、「相手に集中する」ということと、共感し、受け入れることで話し相手に「話しやすさ」を感じてもらえる様子がわかりました。「こころのスペースを相手のために開けておくこと」の大切さを学びました。

今後は傾聴カウンセリングをベースに、「クライアント様が悩みを手放し、望みをかなえる」そのお手伝いが出来るようなカウンセラーを目指していきます。ありがとうございました。

12カリキュラム受講料

・ お1人で申込みの場合:74,800円(税込)
・ 2人同時受講の場合:64,800円(税込 おひとりの料金)
・ 3~4人同時受講の場合:52,000円(税込 おひとりの料金)

お支払い方法は、銀行振り込み(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、中国銀行)になります。

お申込み手順

1-スカイプ無料説明・相談をさせて頂きます。

傾聴スカイプ通信トレーニングでご自身が思われていることがクリアに出来るのかどうか、傾聴トレーニングをどういったことに役立てられたいか等、最初に無料でスカイプビデオ通話相談を受けさせて頂きます。(30~60分程度) この時に映像がトレーニング出来るレベルかどうか、確認させて頂きます。

(トレーニングは音声だけでなく、映像も大切な要素となりますので、音声通話のみのトレーニングは予定しておりません。)

無料説明・相談会の後、傾聴スカイプ通信トレーニングを希望されるか、されないかをご判断頂きます。ご希望される場合、ご入金頂きます。

※スカイプをされたことがある方は、オレンジの申込みボタンから直接お申込み頂くことも可能です。

2-初回トレーニング日時の設定。
基本週に1回(トータル3ヶ月)の間隔でトレーニングを行います。
トレーニング日時は、トレーニングを受講される方のご都合の良い日時と、トレーナーで調整しつつ設定していきます。(なんらかの事情でトレーニング設定日に参加出来ない場合は、必ず前日までにご連絡下さい。)

3-傾聴スカイプ通信トレーニングのテキストを送付させて頂き、トレーニングスタートになります。

一生使えるコミュニケーションスキルを手に入れて下さい。


申込みボタンの写真

(無料相談をお申込みされた方には、こちらから確認のお電話をさせて頂いております。)

申込みボタンの写真

お電話でのお申込み:086-206-5125(平日9:00~20:00)

よくある質問

資格は取れますか?

トレーニング終盤の傾聴スキルチェックに合格された場合、「傾聴カウンセラー」の資格を発行させて頂きます。

友人・知人と同時にスカイプ受講することはできますか?

 4人まで同時受講が可能です。2人同時受講の場合、受講料をそれぞれ約10,000円、4人同時受講の場合、それぞれ約20,000円お安くさせて頂いております。
 2人、4人同時受講の場合、どなたか代表の方のパソコンの前に、トレーニングに参加される方が集まって頂きます。(2人、もしくは4人同時受講を申し込まれ、参加者の方がどなたか欠席された場合、欠席された方の個別補講に1講座プラス1,620円(税込)必要になります。)

対面の「傾聴トレーニングコース」よりも、受講料が安いのはなぜですか?

傾聴スカイプ通信トレーニングの1回のトレーニング時間を60分に設定しているためです。(対面のトレーニングコースは1カリキュラム90分)傾聴スカイプ通信トレーニングは、基本マンツーマントレーニングのため対面のトレーニングコースよりも、1回のトレーニングを短めに設定してます。

スマートフォンやタブレットのスカイプでも受講可能ですか?

可能ですが、パソコンの広い画面で行ったほうが話し手の状態をキャッチしやすいため、できるだけパソコンでの受講をお勧めします。

スカイプでのトレーニングのデメリットは有りますか?

 傾聴スカイプトレーニングは、ご自宅で都合の良い時間にトレーニング出来るというメリットがありますが、対面トレーニングに比べてのデメリットは2つあります。
 1つは、トレーニングを受ける方の家の事情(お子さんのご事情など)でトレーニングが出来かねる時があることです。通常予約日当日開始時間までにキャンセルされると、トレーニング回数30分使用となりますが、特別な事情がある場合、トレーニング回数使用について考慮させて頂きます。
 2つ目は、スカイプトレーニングだと対面トレーニングに比べ、どうしても体全体が見えない点です。現状トレーニングされている方の表情や姿勢、声などから傾聴時のかかわり方についてお伝えさせて頂いております。この点については、対面よりも若干トレーナーが参加者の情報をキャッチしづらくなる点はご了承下さい。

12カリキュラム終了後に、追加でトレーニングを受けることは出来ますか?

傾聴スカイプ通信トレーニングにお申込みされている方に限り、30分3240円で追加トレーニングを実施しております。12回のトレーニングを終了された後も、傾聴されていて疑問に思われたことを質問したり、スキルをブラッシュアップしていくことが可能です。

分割払いはできますか?

2分割が可能です。2回目のお支払いを初回受講日から30日以内にして頂けた場合、手数料はかかりません。30日を越えた場合、3,240円の手数料が必要になります。2回目のお支払いは、初回受講日から90日以内(7カリキュラム目が90日以内にスタートする場合は、その7日前まで。)にお願いしております。

返金は可能ですか?

途中でトレーニングを受けられないご事情が出た場合は、トレーニングを受けていない部分の料金を返金しております。(事務手数料2,160円+銀行振込手数料をご負担いただき、ご返金致します。)

トレーニング日時決定後、その日時をキャンセル・変更したい場合はどうなりますか?

・予約日前日までのキャンセル→トレーニング回数使用無し
・予約日当日開始時間までのキャンセル→トレーニング回数30分使用
(※キャンセルの場合はお電話でご連絡下さい)
・予約日当日開始時間までご連絡無しのキャンセル→トレーニング回数1回(60分)使用
以上になります。

カウンセラーになりたいのですが、傾聴スカイプ通信トレーニングは役に立ちますか?

 もちろん役に立ちます。傾聴技法はカウンセラーにとって必要不可欠のスキルですが、傾聴技法だけでプロのカウンセラーとしてお金を頂くのは、厳しいところがあります。プロを目指すのであれば、信頼出来るスクールで信頼できる先生について、問題の分析の仕方や、問題解決のための療法やスキルなどをしっかりと学ぶ必要があります。
 すでにスクールに行ったり、プロとして活動しているが、傾聴スキルが弱いために「相手の方が話し切れてないことがあるような感じがする。」、「話し切れていないので出し切れていない感情をクリアにできていない気がする。会話で作っているゴールが弱い感じがする。」と思われる方、もっと傾聴スキルを磨きたいという方は、是非ともこのトレーニングをご利用下さい。

傾聴力が身につくと変わることは?

他人や自分自身はなかなか変えられませんが、傾聴力でコミュニケーションの形を変えていくことが出来ます。コミュニケーションの形が変わることで、人間関係も変わります。 

「傾聴スカイプ通信トレーニング」で、是非より良い人間関係を作っていって下さい。

仕事をされている方なら、お客様や上司・同僚の方の信頼感をより強いものにしていって下さい。傾聴力で部下の方の力をより発揮させてあげて下さい。

もしあなたが親なら、傾聴していくことで子どもさんが自分自身を認められ、自分のことがより好きになれます。自分のことが好きになれると、自分の思いをしっかりと伝えられ、いじめに負けない子になれます。お子さんが持っている力、自立力、自発性をさらに発揮できるよう、サポートしていってあげて下さい。

身近な人のメンタル面が弱ったときに、是非傾聴力でサポートしていってあげて下さい。傾聴スカイプ通信トレーニングでは、傾聴で人をサポートする力、「役に立てる力」を手に入れることが出来ます。

傾聴力を身に付けることで、コミュニケーション力が得られることで「今のままではなんとなく不安」な気持ちを払拭し、将来の自信を作っていくことが出来ます。

この機会に是非一生使えるコミュニケーションスキルを手に入れて下さい。


予約はこちら


(無料相談をお申込みされた方には、こちらから確認のお電話をさせて頂いております。)


お申込みはこちら

お電話でのお申込み:086-206-5125 (平日9:00~20:00)


プライバシーポリシー 特商法に基づく表記

Copyright© ジョイカウンセリングスクール

投稿日:2013年5月2日 更新日: