カウンセラーとして話が聴けなくなってしまった時の事

 

心理カウンセラーの井上です。私がプロになる前のことです。当時通っていた民間のカウンセラー養成スクールで傾聴スキルチェックの合格をもらい、アシスタントカウンセラーとして現場に研修で入っていた時、話が聴けなくなってしまった事があるんですね。この記事ではその時の事を紹介します。

グループカウンセリングのアシスタントをしていた時

そのスクールのイベントで、グループカウンセリングを行っていました。私がアシスタントをしていたグループは、参加者が5人、リードカウンセラーが1人、アシスタントカウンセラー(私)が1人です。

アシスタントは研修で、無償です。グループカウンセリングの準備をしたり、会話のさわりを少し担当させてもらったりしながら先輩のかかわり方、聴き方を盗んで身に付けていました。

その時は、箱庭療法で使う人形を1体だけ選んで、それを通して会話をしていくグループカウンセリングを行っていたんですね。

参加者の1人の方がある人形を選び、その人形についてしばらく担当カウンセラーが質問した後、こう質問しました。

「では、この子(その参加者が選んだ人形)は、どうなりたいですか?」

それに対してその参加者の方は、「人と仲良くなりたいです。」

「人と仲良くなりたいんですね。ではどうしますか?」

とさらに担当カウンセラーが聴いたんですね。その参加者の人形の近くには、他の参加者が選んだ人形がありました。てっきり私は「人と仲良くなりたいのであれば、他の参加者が選んだ人形の中にその人の人形を入れるんだろうな」(自分から輪の中に入っていくんだろうな)と思っていたんですね。するとその参加者の方はこう答えました。

「誰かに話しかけられるのを待ってます。」

それを聴いて、アシスタントをしていた私が思ったのは、「誰かに話しかけられるのを待ってる?!人と仲良くなりたいんなら、自分から話しかけたらいいだろ!」という事だったんですね。で、そこからの会話はまったく記憶出来てません。

シャドウ-自分の中のまだ受け入れられていない・認められていない部分

そのグループカウンセリングが終わった後、他のカウンセラーやアシスタントを含めたカウンセラーの振り返りミーティングがあったんですね。そこで私が上記の事を担当カウンセラーに伝えました。するとその方は、「それは井上くんのシャドウ(自分の中のまだ受け入れられていない・認められていない感情や思い)かもしれないね。」と。

当時の私の中には、「人と仲良くなりたくて人の輪の近くにいるのであれば、自分から話しかけていくのが当然」という観点しかなかったんですね。逆に言うと、「誰かから声をかけられる事を待つ」(受け身でいる)という自分の中の思いを認められていない状態でした。

というのも、声をかける場合は仲良くなりたい人を選択することができますが、声をかけられる場合はどこの誰から話しかけられるかわかりません。そして話しかけられるまで、大勢の中で1人でいる沈黙の時間も発生します。何よりも自分自身の中にも受け身の部分はあるのだけれども、それを自分で認められておらず、受け身はダメ・積極的でないとダメという思いが強い状態でした。そしてそう思っていると自分自身で気付いてさえいなかったんですね。

そうなると、無意識のうちに「自分は受け身でいることを頑張ってやめているのに、あなたはなぜそれをするのか!!」という思いが湧き、受け身の参加者を私自身の中で認められず(受容出来ず)、そこから話が聴けなくなってしまっていたんですね。

傾聴する際には、自分自身の心をしっかりと知っておくことも必要

「受け身であること」に限らず何らかの自分自身の中のまだ認められていない部分・受け入れられていない部分(以下シャドウ)があると、同じシャドウを持った人を無意識のうちに認められず、その人の話を聞けなくなってしまいます。話を聞けなくなるだけでなく、そういった人を見ると無性にイライラしてきます。そうなるとカウンセリング・傾聴して楽になってもらう事は出来ませんので、カウンセラーになりたい方や深い傾聴をしたい方は、ご自身の心をしっかりと掴んでおくことも大切です。

シャドウについては、まずは自分の中にこういう思いがあるんだなと気付くことが受け入れられていく第一歩です。私自身その当時、受け身はダメという思いを持っている自覚が全くありませんでした。

傾聴していて、相手のことが受け入れられなくなった、話が聴けなくなってしまった、話が記憶できなくなって飛んでしまったという方は、話し手がご自身のシャドウを現していなかったか確認してみて下さい。※ちなみにシャドウというのは、ユング心理学の用語で「影」とも言われています。

スポンサーリンク


無料傾聴EBook

カウンセリングに必要な傾聴力の具体的な内容、効果、トレーニング方法などを全49ページに渡って詳細に解説しています。是非、ダウンロードしてご活用下さい。

詳細を見てみる

傾聴EBook

動画で学びたい方向け


傾聴集中動画を見てみる

  • この記事を書いた人

井上 隆裕

心理カウンセラー、傾聴トレーナー、ジョイカウンセリングスクール代表。当スクールの心理講座、傾聴トレーニング、個人カウンセリングなどすべての部門を担当。

-体験記・コラム