傾聴力HP

傾聴・カウンセリングの役立つ情報をお届けします

真剣に傾聴に取り組むと疲れる理由2つ

 

傾聴の聴き方を実際にやってみると、実は非常に疲れます

傾聴は話し手にとっては、「わかってもらえた」「思っていたことが話せてスッキリした」といったメリットがありますが、特に初めて傾聴をやってみたり、取り組み始めの時は、疲労感が強いです。

この記事では、真剣に傾聴に取り組むとなぜ疲れるのか?を解説します。

1 集中力を大きく使うため

真剣に傾聴すると、集中せざるを得ません。傾聴自体、そういう仕組みになっています。

傾聴の時に意識して聴くポイントは、大きく分けると以下の6つです。

  1. 受容的な態度(話しやすい空気作り)
  2. うなずき
  3. あいづち
  4. オウム返し
  5. 共感のことば
  6. 効果的な質問

各詳細は傾聴技法一覧ページをご参照下さい。

相手の表情や姿勢をしっかりと見て、的確なオウム返しを意識するだけでかなり集中せざるを得ません。というのも、

正確に、一言一句コピーする勢いで聴こう

と意識すると、なんとなく聞いていたのでは出来ないからです。

この集中力を大きく使うオウム返しに加えて、うなずきとあいづちを入れつつ、話し手がどういった気持ちなのか?も察しながら聴く必要がありますので、そこまで意識を振ると疲れて当然です。

ですので、トレーニングでは空調の整った部屋でも、汗をかきながら傾聴する人も少なくありません。

傾聴する側としては集中力を使うので疲れます。しかし話し手にとっては、「これだけ真剣に関わってもらえるのであれば、この人になら自分の悩みや辛い過去を打ち明けても大丈夫かな」と感じてもらえます。

2 慣れない聴き方のため

↑で紹介した話の聴き方・傾聴を普段から常に意識してされている方は、まずいません。

慣れていない事をすると、人はどうしても疲れます。

普段車をほとんど運転しない人が運転する場合と、毎日車に乗っている人が運転する場合では、両者の疲労感が違うのは明らかです。

傾聴もこれと同じで、慣れる毎に疲労感も軽くなっていきます。

トレーニングの時は、3分、5分の傾聴でも疲れるため、「本当にこれを60分続けてカウンセリングが出来るようになるの?」と思われる方もいらっしゃいますが、慣れれば大丈夫です。

ただ、慣れても疲れる聴き方であることに変わりはないので、ほとんどのカウンセリングは60分か90分で設定されています。

まとめ

傾聴に取り組むと疲れる理由として

  1. 集中力を使うから
  2. 慣れない聴き方だから

の2つを紹介しました。

傾聴して疲れたという事は、真剣に集中して話を聴こうとしたからであり、新しい聴き方にチャレンジしているからこそです。

スポンサーリンク


無料傾聴EBook

カウンセリングに必要な傾聴力の具体的な内容、効果、トレーニング方法などを全49ページに渡って詳細に解説しています。是非、ダウンロードしてご活用下さい。

詳細を見てみる

傾聴EBook
  • この記事を書いた人

井上 隆裕

心理カウンセラー、傾聴トレーナー、ジョイカウンセリングスクール代表。当スクールの心理講座、傾聴トレーニング、個人カウンセリングなどすべての部門を担当。

-トレーニング方法