共感とは |カウンセラーが使う気持ちを汲む聴き方

共感とは、相手の気持ちを汲み取って伝える事です。

例えば、

上司のAが細かい事ネチネチ言ってきて、殴ってやろうかと思ったわ!

と言われたら、
細かいことネチネチ言われると、腹が立つよね

と相手の気持ちを汲み取って返します。

上の例であれば、腹が立つよねという箇所が、相手の気持ちを汲み取っている共感の言葉になります。

人には様々な感情があります。楽しさや喜びといったプラスの感情もあれば、イライラや怒り、寂しさや不安などマイナスの感情もあります。

しかし、苛立ちや怒り、悲しさ、寂しさ、憎しみ等のマイナスの感情は、社会生活の中では出しにくいものです。この記事では、そんな相手の方の気持ちを汲み取って、よりよい関係を築いていくための気持ちの汲み取り方を紹介します。

スポンサーリンク

気持ちを汲む意味

を使いながら話を聴いていると、ほとんどの方はご自身の状況をお話しして下さいます。

職場の人間関係で困っている、
恋愛でいつも同じような別れ方をする、
仕事が多すぎてストレスがたまっている 等など・・

しかし大切なのは、わかって欲しいのは状況だけではないはず。その状況の一歩中にある「気持ち」の部分をわかってもらえると、それだけで楽になれます。

腹が立つ思い、苦しさや寂しさや悲しさといった感情は、誰かにわかってもらえたり、受け止めてもらえるとそれだけで浄化されていく一面があります。

的確に気持ちを汲むためのポイント

感情はわかってもえたり、受け止めてもらえるだけで浄化されていくとはいえ、誰にでも自分自身の気持ちを出せるものではありません。

みなさんも、自分のつらい体験や悲しい体験を話せる人とそうでない人がいるのではないでしょうか?

では、どんな人であれば、どんな話の聴き方であれば、そういった感情を出せるのか?これから気持ちを汲み取る3つのポイントをお伝えしていきます。

1 話し手をしっかりと「見る」

1つ目は、話し手の方の話しているときの表情や姿勢、視線、声のトーンから察していくこと。普段の生活でもやっている方は多いと思いますが、しっかりと集中して話し手を見て、聴かないと読み取れません。

笑顔でしっかりとこちらを見てくれている女性の写真

2 言葉の内容

2つ目は、話し手の方の言葉の内容から汲み取っていくこと。

これは前述している「繰り返すスキル」オウム返しが役に立ちます。

3 相手の気持ちを汲み取って伝える

3つ目は、話し手の方の感情を汲み取った言葉を伝えること。

例えば、

職場で上司から仕事について納得がいかないことを言われたが、荒立ててはまずいと思ったので言い返さなかった。

ともし言われたら、

納得いかないことを言われると、イライラしますよね

と相手の方の気持ちを察することばを伝えるスキルです。傾聴技法では、共感のことばとも言われています。

もしあなたが、3歳くらいのお子さんの育児を1人でしているとして、その育児の苦労を家族に話したとします。そのときに、

主婦なら当然やることだよね。
と返されるのと、

1日ずっとつきっきりだと、気が休まらなくてしんどいよね

と気持ちを察する言葉を伝えられたときとの違いはどうでしょうか?後者のほうが「わかろうとしてくれてる」という感覚を持てて、気が楽になると思います。

カウンセリングや傾聴で共感する際は主にマイナスの感情を汲み取って伝えますが、最も汎用性が高いのは「つらい」です。使いやすい共感ですが、何を話されても「つらいですよね」で返すと逆にわかってもらえていない感じを受けますので、その時その時の相手の気持ちにフィットした共感の言葉を伝えられるとベストです。具体的な共感の言葉の種類を紹介します。

共感の言葉一覧

下記の言葉は特に使用頻度が高いです。

つらい、寂しい、悲しい、不安、あせる、悔しい、怖い、腹が立つ、苦しい、困る、悩む

いずれもマイナスの感情を表す言葉なので、特に職場では口に出しにくい言葉です。そんな時に「腹が立ちますよね」といった感じで共感されると、腹を立てている自分自身を許容できる感じで楽になれます。

よくある質問

傾聴トレーニングをしていると

「察して伝えた言葉が間違っていたらどうするのか?」

と疑問を持たれる方がおられます。繰り返すスキル・オウム返しを的確に行い、話し手の表情や声のトーンをしっかりと見て聴くことで、「この気持ちではないのではないか?」という不安感はなくなります。

たまに、

「そこは気持ちを察して伝えるのではなく、【どんな気持ちでしたか?】と聴くだけでよいのではないか?」

と思われる方もおられます。

傾聴するのではなく、日常生活でそれほど深く話を聴かないことが礼儀のときもあるかと思います。そんなときには、気持ちを察する言葉は伝えないほうが話がすすまなくてよいです。

傾聴して話し手に少しでも楽になってもらいたいケースであれば、感情の言葉を察して伝えていくことで、そのときは出し切れずに抑えていた・溜まっていた感情を出していけるきっかけになります。

まとめ

  • 話し手の方の話しているときの表情や姿勢、視線、声のトーンから察していくこと。
  • 話し手の方の言葉の内容から汲み取っていくこと。
  • 話し手の方の感情を汲み取った言葉を伝えること。

ここまでは、傾聴する態度、うなずきとあいづち、繰り返すスキル、気持ちの汲み方と基本的にすべて受身での聴き方です。

これだけで気持ちが楽になる方も多くおられますが、聴き手が受身だけだと会話に限界がきます。

質問技法 のページへ

共感のことばに関連する記事


スポンサーリンク


無料傾聴EBook

カウンセリングに必要な傾聴力の具体的な内容、効果、トレーニング方法などを全49ページに渡って詳細に解説しています。是非、ダウンロードしてご活用下さい。

詳細を見てみる

傾聴EBook

投稿日:2014年5月22日 更新日: